家族葬の相場大調査


   5月 30

費用を安く抑えたないなら家族葬

お葬式は非常にお金が掛ります。一般的なお葬式ですとその合計額は200万円とも100万円とも言われています。そのため、遺族にとってはその後の生活も考えるとなるべくお葬式費用は少なく済ませたいという気持ちもあるはずです。そういった時に、葬式の形態として選択したいのが家族葬ではないでしょうか。


<費用をなるべく抑えることができる>

家族葬ならば、お葬式の費用を一般的な葬儀に比べて安く抑えることができます。一般的なお葬式は大人数を予定して準備されます。そのために用意される司会、係員、音響効果、設備費用などが不要となりまた、大きい施設を借りなくてはなりません。しかし、家族葬ならば親族や家族のみで行っていきますので、こういった大量人数を予定した人員や設備を借り無く済むのです。


<場合によってはそこまで安くならない時も>

こういった、費用を払わなくて済むのですからお金もかかりません。ただし、注意しなければならないのが家族葬でも使用される道具類や機械等は一般的な葬儀と同様の物を使用して取り行っていきます。そのため、削れる部分がはっきりしていないと家族葬で葬儀をしたとしてもあまり安くならないという場合もあるようです。


   4月 11

家族葬以外にはどんなのがあるのか

家族葬は葬儀の形式の一つであり、この他にも色々とあり費用ややり方なども変わってきます。様々な葬式の形があり悩む方もいるかもしれませんが基本的には予算やその人の気持ちを受け止めてあげて考えるのがいいでしょう。


<普通の葬式がしたいなら>

家族葬ではなく、普通の葬式がしたいのであれば通夜と本葬といった昔からあるやり方がいいでしょう。これなら通夜前であったとしても故人の顔を見ることができますのでお別れをする気持ちがつくかもしれません。また大勢の人が来てくれるので、たくさんの人に見送られるので賑やかにしたい、色々な人に見送って欲しい人はいいかもしれません。その分費用はかかりますが。


<無宗派な人であれば自由な形式などがいいかもしれません>

葬式というのは基本的に宗教や宗派が関わってきます。ではそういうのに入っていない人はどうなるのか?と言いますと、家族葬であったり、自由葬といった宗派とは関係ない自由な形式などがあります。
 
自由葬は飲んで食べての騒いだりするのもあれば、近親者だけの小規模な人数だけでやったりと自由な形式にすることができます。形に囚われない葬式にしたり、予算もそこまでないのでということあれば自由葬などがいいかもしれません。

この他にも葬式はしないで焼き場だけってのもありですよ


   3月 14

家族葬という葬儀スタイル

家族葬という言葉は最近使われ始めた造語なのですが、親しみやすい優しい雰囲気をもつイメージが一般的に受け入れられて広まった葬儀のスタイルです。しかし言葉は知っていてもその内容を知らない人の方が多いのが家族葬です。


家族葬は小型の葬儀スタイル

一般的な葬儀と比較して、身内や親族といったごく親しい人たちだけで行う葬儀のことを家族葬といいます。一般的な葬儀セレモニーのどこかの部分を省略するといったものではなく、参列者の人数が少ないだけで通常どおりに行うことのできる小型版の葬儀ということができます。少人数とはいいつつ、家族だけの場合もあれば、ご近所さんや親しいお友達が参列する場合もあり、はっきりした定義があるわけではありません。


家族葬のマナーは柔軟に

家族葬では一般的な葬儀と同様のセレモニーを行いますが、親しい身内だけで見送る葬儀スタイルなので、席順や儀式の進行など細かい部分は柔軟にとり行うといいかもしれません。葬儀での弔辞や喪主の挨拶などは故人にとって一番喜んでもらえるやり方、見送る参列者の気持ちが伝わる方法をとるといいでしょう。故人が生前に葬儀について希望していたことがあれば、その遺志にそってあげることが大事だと思います。


   2月 21

家族葬にもちゃんとマナーがあります

最近家族葬を選ばれている方も少しずつ増えてきているみたいですが、マナーについてはご存知でしょうか?
いくらご家族や身内だけで行なうからといって私服で行なうのはダメですよ。
きちんと礼服を着て、女性でしたらお化粧を控えめで装飾品を避けるのが良いですし、男性でしたらネクタイの色を地味なものにした方が良いですね。
本来の葬儀と同じようにマナーがありますので守るようにしましょうね。


●家族葬のプランを見直してみましょう●

また、一度お選びになったプランをもう一度見直してみるのが良いかと思います。
見直すことでこれは必要ないのではないか、などといったことも出てくるかと思いますので見直してみて下さいね。
見直すことで家族葬の費用を少しおさえることが出来るかと思いますよ。
他にもこんなことがしたいなどといった要望があれば、スタッフの方に相談してみるのが良いかと思いますよ。


●親族はどれくらい呼んだら良いのか●

こちらに関してお悩みの方もいらっしゃるかと思いますが、平均的には4親等くらいまで呼ばれている方が多いのだそうです。
サイトなどを覗いてみますと2親等までで良いとされていますが、ご家庭によって自由だと思いますのでよく話し合われてからお決めになるのが良いかと思いますよ。
しっかり故人の方を見送ってあげられるようにしましょう。


   2月 12

家族葬をする前にしておきたいこと

家族葬をする前にしておきたいことがあるのですが、皆さんはご存知でしょうか?
皆さんの中にはご存知の方がいらっしゃるかもしれませんが、まずその方がお亡くなりになった時に近い親戚の方などには夜間時間を問わずにすぐ連絡するのが良いそうです。
その際にご葬儀の日時について質問されるそうなのですが、詳しいことが決まったら改めて連絡をしますとお伝えするのが良いかと思います。
やはりその場で決めることはできませんので、よくご家族と話し合ってからにしましょう。


家族葬には何人呼んだら良いのか知りたい

家族葬を行う際に一体どのくらいの人数を呼んでよいのか悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。
平均的には4親等までお呼びして家族葬を行なっているところが多いのだそうです。
ですが、故人の方と生前親しかった方がいるのでしたらお招きしても良いかと思います。
やはり親しかった方がきちんとお別れをしたいでしょうから、無理でなければぜひお招きしてあげるのはどうでしょうか?


最近になって選ぶ人が増えているのはなぜ?

家族葬を選ばれている方が少しずつ増えてきていますが、その理由について知りたくはありませんか?
最近では故人のご希望によって選ばれている方が増えてきているみたいです。
やはり最期はご家族だけに送ってほしいと望まれる方が多いようです。
また、参列者を招いて盛大に行うよりもご家族だけで落ち着いて行いたいと考えている方も増えてきているみたいですよ。
それで少しずつこの家族葬を選ばれている方が増えてきているのですね。


   2月 12

個人的家族葬の最大のメリット

家族葬をやってみて個人的に「ああ、これが最大のメリットだな」と思ったことがありましたので紹介いたします。


家族葬最大のメリット?

父方の祖母がなくなった時のことです。交通事故が原因で亡くなり、父の意向により、「見栄っ張りな婆さんだったから、事故で死んだなんて悲惨な話で、色んな人を泣かしたくないだろう」ということで近くに住んでいる家族と親戚だけでやろうということになりました。
しかしこれは半分本当で、半分は建前でした。
実は遠方に住んでいる親戚の中に、お酒が入ると途端に人格が変わってしまう、ちょっと面倒臭い人がいたのです。私も酔っ払った勢いで身体を触られたり、あまり人前で聞かれたくないような質問を大声でされたりと、嫌な思い出がいくつもありました。
普段は普通に気さくなおじさんなので、縁を切るほどではないのがまた困りものでした。


形式通りじゃなくていいという楽さ

通夜などは、久しぶりに会った親戚たちが顔を合わせて、近況報告をする場という側面もあり、お酒は当たり前のように出さなきゃいけません。
しかし、家族葬だという理由で、通夜もなしになりました。
父からその話を聞いた時、本当に嬉しかったのです。お祖母ちゃんが亡くなってしまったことを純粋に惜しんでいたいのに、親戚のおじさんに会わなきゃいけない憂鬱の方が勝ってしまっていることが辛かったのです。
家族葬だからこそのメリットだと思います。


   2月 12

家族葬の相場ってどれぐらい?

家族葬の相場はどれくらいなのか調査してみました。ちなみに一般的な葬儀(参列者をこちらで指定しないもの)ですと200万円ほどが相場です。


家族葬の費用の相場

実際に調べてみて分かったことは、家族葬でも一般的な葬儀でも共通して必要になるものがあり、その「共通部分」が一番高いのです。遺影や、祭壇や、お坊さんの読経料など、葬儀をやる上で欠かせない、削ることのできない部分が一番高いという現状でした。
端的に言ってしまえば「しょうがない費用」があまり削れない状況なので、家族葬だからといって半額以下になるわけではないようです。
一般葬の場合は、最初に200万ほどかかりますが、香典でいくらか帰ってくるので(香典返しなどが必要になりますが)、結果的に150万くらいで収まると言われています。


必要なものだけに絞れるというメリット

家族葬なら自分たちが必要だと思うだけに絞れるというメリットはあります。知り合いばかりなので、受付係や案内係や世話係を用意する必要もないですし、香典返しなどを用意しなくていいので、儀礼的に必要なものには払わなくていいという長所はあります。
どちらにせよかかる金額は同じくらいかもしれませんが、故人を弔うのに必要なものにだけお金をかけるというスタイルは良いかもしれませんね。


   2月 12

家族葬の成功例と失敗例を紹介

家族葬が最近では新しい定番となりつつありますが、時と場合によっては家族葬ではない方が良い場合もあるかと思います。では、どのような時に適しているのかを見ていきましょう!


家族葬の成功例

故人からの強い希望があった場合や、実はちょっと呼びたくない人がいる場合などには家族葬は適しています。
故人が毎日のように聞いていた歌手の曲を流してあげたいという遺族のご希望も、もちろんお寺との相談は必要になりますが、家族葬なら実現出来ます。
お葬式であれは出来るか、これは駄目かという相談も、参列者が家族だけならいくらでも家族中で出来るというメリットもありますね。
また、これはかなり特例だと思いますが、亡くなったのが男性で、ちょっと女性関係に問題がある方だった場合、通常のお葬式となると、広範囲に告別式の日取りなどをお知らせするので、どこからか謎の女性が嗅ぎ付けて来て、粛々とした空気を壊しに来る可能性があります。こういう場合にも家族葬はオススメですね。


失敗例

よくある失敗例は、家族葬なら、普通の葬儀の半分以下になると思い込んでいたが、実はあまり大きくは変わらず、むしろ香典がもらえない分高くついてしまうということも有り得ます。
また、遠方に住んでいる親戚は呼ばないということにして、その親戚の方が非常に怒って怒鳴り込みに来たなんてこともあります。


   2月 12

家族葬の費用はどれくらい?

今では家族葬というものが少しずつ身近になってきていますが、その費用について知りたいとは思いませんか?
家族葬を行う際の費用は平均的に20~30万円となっているみたいです。
本来通常の葬儀の平均よりも比較的安くなっているのが特徴ですが、搬送費用やドライアイスを使用するなどとなりますと費用がかさんでしまう事がありますので、気を付けるようにしていただけたらと思います。


家族葬をするのならきちんと葬儀社を選ぼう

家族葬は特別なものですので、しっかりした葬儀社にお任せしたいですよね。
そこで気を付けたいのが悪質なのか良質なのかですよね。
良質な葬儀社というのは、電話対応をしっかりして下さりその担当者の方のお名前を伝えてくれるところだそうです。
逆に良くないとされているのが電話対応の際に社名しか告げなかったりしつこく勧誘をしてくるところだと言われているので頭の片隅に入れておいていただければと思います。


評判や口コミについて調べてみるのもアリ

また、その利用したいと考えている葬儀社についての評判や口コミについて調べてみるのも良いかと思います。
実際に利用した方々が投稿していたりしますので、その意見を参考にしてみるのも非常に良いのではないかと思います。
中には悪く書いている方もいらっしゃるかと思いますが、そこはしっかりそうなんだと受け入れて見るのがベストだと思います。